TGVの始まり

1960年代ごろ、TGVが最初に考案されました。日本の新幹線が1959年に工事を始めたので、その直後に考え出されたものになります。フランス国内では、走行方法として、ホバークラフトのような空気浮上式鉄道、磁気浮上式鉄道について他の国と同様に研究が進められていました。しかし、費用面や実用性などの数多い問題が発生したために、鉄軌道と鉄車輪方式で実施されることになります。

最初はガスタービンエンジンを利用したモーターが採用されました。これは小型でありながら長時間高い性能を発揮するという特徴からです。こちらは、1967年に開発、量産化も成功し、イランやエジプトにも輸出されました。しかし、この方式は1973年に発生した石油ショックの影響により燃料の価格が高騰したため、そのコスト面から実用性を失います。その後、架線から電力を得る形の仮装電車線方式に変更となったのです。この膨大な電力は、フランス国内の電子力発電所が新設されたのでそこから供給されています。

TGVは日本の新幹線の工事が始まった後に発案されました。当初はガスタービンを使ったモーターを使用する計画でしたが、燃料価格の高騰により断念。動力は電力を使うという方針に落ち着いたのです。