Ouigoについて

フランスの鉄道にはTGVだけでなく、「Ouigo(ウィゴ)」という列車もあります。これはフランス語で「はい」や「イエス」を表す「Oui」と英語の「GO」を組み合わせた造語です。こちらの車両の特徴は何と言っても低価格であり、格安航空であるLCCの高速鉄道バージョンと言っても良いでしょう。

新ブランド「inOui」の定着に関して、SNCFでは、inOuiを一級車やビュッフェカーを編成するフルサービスの列車とし、Ouigoはエコノミー車両とする計画を打ち出しました。2020年までに行われるとされるinOuiへのリブランディングと同時に、Ouigoと差別化するための車両の改装や宣伝費用などとして、総額25億ユーロ、日本円にして約3,100億円が投入されると言われています。SNCFは、この取り組みを通じて、現在1億500万人の利用者を1億2000万人まで拡大させたいと考えています。

しかし、あまりに投資額が大きいことから料金の値上げも心配されています。SNCFの回答は「超高級志向にすることはないので料金が上がることはない」というものでした。また、2015年から2年間で、TGVの乗車料金が6%下がったことなどを示し、鉄道が交通機関の中で割安であるということも改めて強調する場面もあったようです。